不動産売却時の仲介手数料


不動産やマンションの査定を行ってもらうとだいたいどの位の金額で売却ができるのかが理解できますが、マンションや不動産を売却した場合には所定の仲介手数料を業者に支払うことになることも覚えておく必要があります。

宅地建物取引業法により決まっている仲介手数料

宅地建物取引業法により、不動産業者がマンションや不動産の査定後の売却で受け取ることのできる仲介手数料は価格の3%プラス6万円に、さらにこの金額の8%の消費税ということになります。簡略化して考えれば、マンションや不動産価格に3.24%を掛け合わせるとこの金額になりますので簡易的に計算するのであれば3.24%をかけてみるとすぐわかります。

査定額はほぼどこの業者でもレインズなどをベースにして計算しますので大きく異なることはないのですが、実際の売却価格は市場の状況と近隣の競合物件との相対的な関係で決まっていくことになりますので、やはり販売をしてみないとわからない部分も大きくなります。最近では経済状況も改善してきており、不動産価格はかなり改善しつつありますので、査定額以上の金額で売却していくことも可能になってきています。

仲介手数料の必要額についてもしっかり頭の片隅に覚えておくことが肝心

こうした売却の場合には仲介手数料の必要額についてもしっかり頭の片隅に覚えておくことが肝要となります。物件購入者に対しては最近業者が専任媒介物件の場合には、この仲介手数料を安くするケースもではじめており、定額をとる世界から多少変化しつつありますが、売主に対しては上限額の設定が基本となっています。

Top