不動産売却は、複数社から査定するのがオススメ。

 
 

素人では判断できない売却相場

マンションなどの不動産を購入したものの、何らかの理由により売却したいと考える場合は、多くの方は見積もりを取ることになります。マンションなどの不動産の価格というのは素人では中々判断ができないものですが、決して安いものではありませんから、誰もが購入価格に近い金額か、あまり離れていない金額で売却をしたいものです。

なぜ複数社から見積もりを取るのか

不動産物件の場合は経済情勢でもその価格が変動するものでありますから、場合によっては購入時の金額よりも高い評価を受けることがあるかもしれません。ですから、マンションなどを売却する場合は複数の見積査定をもらうことが大切です。また、見積もり査定をもらう場合は、それぞれの会社に相見積もりになることは話すべきであり、それにより相場よりも極端に低い金額で見積もりを提出する会社はなくなると予想できます。
しかも相見積もりであれば、競争意識が芽生えますので思わぬ高い査定金額を出してもらえることもあるかもしれません。

また、査定をする会社の中には、その周辺環境の今後の状況に詳しい情報を持っている会社もあります。例えば、数年後に大規模な開発が行われ、利便性が向上するということが分かっているのであれば、そのマンションの売却価格は高くなるかもしれません。
しかし情報がない会社ではそれができませので、どうしても見積りが安くなります。

不動産の売却は、複数社から見積もりをとるのが大切

そのため不動産を売却する場合は、見積りの金額が大きくかけ離れることがあり、より高値での売却を望むのであれば、複数の会社から査定の見積もりをもらうことが大切なのです。

Top