不動産と賃貸と売却どちらがお得?

所有しているマンションなどの不動産を売却しようと考えた場合、不動産査定をお願いするということは大切なのですが、査定の際に色々な理由から思わぬ高値が付くこともありますし、相場よりも安いこともあります。査定の結果、予想以上に高値が付いたのであればそのまま売却することも良いですが、明らかに安値だった場合は売却せずに賃貸に出すことも検討する方も少なくありません。
所有している不動産がマンション物件であれば需要は高く、特にセキュリティがしっかりとしていたり、共有部分の設備も充実しているなど、分譲マンションならではの設備が整っていたりということもありますから、家賃を高く取れるというメリットもあります。分譲賃貸マンションというスタイルは人気があり、賃貸に出すことのメリットは大きいと言えます。但し、築年数が古いのであれば修繕をしなければならない場合もあります。特に老朽化によるライフラインの傷みが激しい場合は交換しなければならない場合もあり、万が一交換するということになれば、そのマンション全体の問題にも発展し、管理組合による理事会を開いて、老朽化の部分の修繕をするかの話し合いを持たなければなりません。また、不動産を所有していることで固定資産税も毎年払わなければなりません。このように考えますと、賃貸に出すことにはデメリットも見られ、分譲マンションを購入後に賃貸として貸し出す場合はじっくりと検討するべきです。そのため、売却することも視野に入れて、手放す場合は不動産査定をお願いすることが大切です。

Top