リフォームすると高査定になる?

リフォームした家やマンションなら、前よりもよくなり不動産売買の査定も高くなるのではと考える人もいます。しかし、リフォーム前よりも不動産査定の金額が高くなるかといえば、そうとも限りません。新しい部屋を作ったとしても、その部屋そのものがすべての利用者にとって必要だとは限らないからです。余分な部屋がついていることでマイナスになってしまうことすらあります。長期間住んだ不動産は、マンションでも家でも、リフォームで新しい部屋などが付加されていても、それなりの値段でしか売れることはありません。ただし、長年の利用でできてしまった煙草のヤニなどのしみや、流し台のさびといったものは、査定の際にはマイナスとなります。そういうものの原状回復のためのリフォームならば、したほうがプラスに働きます。だからといってもマイナスが0となるだけで、プラスに働くというわけではありません。あまり期待はせず「中古マンションだとしても生活感を消しておきたいくらい」の気持ちで行うことが大切です。
不動産は物件そのものだけではなく、立地や周辺環境によっても査定額は左右されます。新しい部屋や設備が、売るときの周辺の状況によってはプラスに働く場合もあります。作ってしまった新しい部屋を原状回復のために工事して、買ったばかりの部屋の状態に戻すのにはコストがかかりすぎます。それはそれとして新たなセールスポイントとして売り方を考えたほうがよいです。マンションなどをリフォームしたいとき、売ることになった時の査定も考えたうえでしたら後悔しません。

Top